かつらぎ動物病院ロゴ

ペットにも人にも優しい

かつらぎ動物病院

029-839-0303

予防について

わんちゃん・ねこちゃんの予防

混合ワクチン接種

子犬や子猫が初めて接種する場合には、生後数ヶ月にわたって繰り返し接種をする必要があります。これは母親からもらった免疫(母子免疫)が持続する期間に差があるので、数回に分けて接種しなくてはならないためです。予防する病気の種類については担当獣医師にご相談下さい。

※子犬の場合 (1種・2種・6種・9種)
生後2~4ヶ月の時期に4週間隔で3回の接種が必要です。その後は年1回の追加接種を受けて下さい。
※子猫の場合 (3種・7種)
生後2~3ヶ月の時期に2回の接種が必要です。1回目の接種から3週間後に2回目の接種をします。その後は年1回の追加接種を受けて下さい。

※猫伝染性腹膜炎はワクチンでは予防出来ません。

当院では予防の時期にハガキをお送りしてお知らせしております。

狂犬病ワクチン接種

狂犬病は法律で年1回の接種が義務付けられています。

当院にてワクチンを接種されたつくば市内の方には登録手続き代行をしております。1年を通して行っておりますので、集合注射に行けなかった方、忘れてしまった方など遠慮なくお尋ねください。注射の際には市役所からのハガキをご持参ください。

市外の方には証明書を発行いたしますので、お住まいの市区町村にお届け下さい。

海外渡航については渡航先の大使館にご相談下さい。

フィラリア予防

フィラリア症とは、蚊が媒介する犬の感染症で、蚊に刺される事により感染します。一度フィラリア症にかかってしまうと、駆除する事は大変難しくなります。5月~12月まで、月に一度の投薬で予防できますので、しっかり行いましょう。予防が最善の方法です!投薬の前にフィラリアの感染が無いか、毎年血液検査が必要ですので、ワンちゃんと一緒に来院して下さい。

当院、取り扱いの予防薬には、お肉タイプ・錠剤・年1回の接種で予防できる注射がございます。

※ワンちゃんだけでなく、ネコちゃんにも感染することが知られています。ネコちゃん用の予防薬もありますのでご相談下さい。(チュアブルタイプと滴下タイプがございます。)

ノミ・ダニ予防

感染すると・・・

ノミやダニが動物の体に寄生すると、貧血や激しい痒みを引き起こすだけではありません。ノミは動物の消化管に寄生する瓜実条虫を媒介します。また、マダニは赤血球に寄生するバベシアを媒介します。バベシアは感染すると完全に一掃する事ができず重篤な貧血を引き起こすことがあります。

予防時期

エアコンの普及によって、家内では一年中ノミやダニが活動している可能性があります。周囲の動物や人にも寄生することがあるので年間を通じて定期的に投与するのが理想です。

予防薬

動物病院取り扱い商品が有効です。動物用医薬部外品(一般の販売店で購入できるもの)は効果の低いものや持続力の短いものがございます。

☆当院では、スポットタイプと錠剤タイプを取り扱っております。

お問い合わせはこちら

029-839-0303
お問い合わせメール
pml01751@mail1.accsnet.ne.jp
TOP